次号、第13号(2017年3月末発行)への投稿募集は終了しました。(併せて本年度の原稿の募集は修了いたしました) 本年度も沢山のご応募どうもありがとうございました。また次年度、沢山の原稿のご応募をお待ちしております。

なお、下記は『静岡大学教育研究』についての説明内容となります。

************************************************************************************

 

大学教育センターでは紀要『静岡大学教育研究』を年1 回、紙冊子と電子媒体の両形態で発行しています。その名のとおり、主として大学教育にかかわる論文を原則として本学教職員と大学院生から募り、編集委員会のもとでの査読を経て発行しています。一般研究論文のほか、教育実践報告、教育関連資料も含め、積極的にこの場をご活用ください。

 

投稿は随時受けつけていますが、締切を過ぎて投稿された原稿は自動的に翌年発行の紀要に回されますので、締切厳守でお願いします。また、母語以外の第2言語で書かれた原稿を提出予定の方は、原稿を提出する前に、その第2言語のNativeチェックを受けてから提出してください。

 

投稿予定締切:2016年10月31日(募集終了):以下の項を明記してください(書式は自由)

        1. 予定タイトル
        2. 英文の場合は250words以内/和文の場合は400文字以内の要約
        3. 単著・共著の区分(共著の場合は1stの方がまとめてください)
        4. 論文・実践(調査)報告・研究ノートの区分(査読結果により、著者の希望の区分で掲載されない場合があります)

 

原稿締切:   2016年11月30日(募集修了)

査読期間:   2016年12月1日〜12月末

査読結果通知:2017年1月初旬:その後査読結果を参考に加筆修正

最終原稿締切: 2017年2月1日(必着)

*昨年度よりも全体的にスケジュールが早くなっております。

 

送付先: <yamamoto.yoshihiko.b[@]shizuoka.ac.jp>メールで([@]を@に替えてください)

 

 

<投稿方法>

執筆規定にしたがった原稿を電子メール添付ファイルにより、編集委員会窓口yamamoto.yoshihiko.b[@]shizuoka.ac.jpまでお送りください。([@]を@に替えてください)

執筆規定(書式) や編集要項は以下をご確認ください。ご質問や前号の冊子体をご希望の方は、上記アドレスまで連絡ください。

 

Share