就職支援 情報学部担当

情報学部・就職支援担当者のお話

 今回は静岡大学で就職支援を30年ほどご担当なさっている職員の方にお話しを伺いました。30年の間には就職活動の状況や企業が求めるものが随分変わったと実感されることから、様々なお話を伺いました。

 

1.最近の採用条件の傾向について

 最近の傾向としては、入社試験の面接を重視する傾向があります。数年ほど前までは、大学からの推薦があればほぼ確実に就職が決まっていましたが、現在は成績だけではなく、面接で適正や人物を重視する企業が多く、コミュニケーション能力も重要な点です。長時間の面接でもしっかりと受け答えができることや積極性が条件に入っているようです。

 

2.進学・就職指導を通して、TOEICのスコアや英語力全般に関して感じること

 大学院に進学する場合もTOEICのスコアは重要です。他大学では合格の判断基準にTOEICのスコアを採用している場合が多く、大学によっては、650点~700点取得を条件にしています。就職活動を控えている学生さんには支援室で「就職希望予備調査票」を記入してもらっていますが、記入欄の記載にはTOEICなら500点以上のスコアがあることが望ましいでしょう。TOEICの代わりに、英検について記入する人がいますが、アピールするには準1級程度が必要です。

 

3.英語学習の必要性について

 残念ながら大学に入学してから徐々に英語力が低下してしまう学生さんも見られ、1年次のTOEICでは450点またはそれ以上あったのに、上級生になるにつれて、高校までに学習した英語も忘れてしまい、自信をなくしてしまう傾向にあります。入社試験ではセンター試験レベルの英語の試験を行う企業や、一部上場企業のある電器メーカでは、英語で面接ということもあります。また、入社と同時にTOEIC試験を行う企業もあり、入社時までに勉強をしておくことを勧められることもあります。さらに、就職後は昇格試験のたびにTOEICスコアが必要になる場合もあります。学生さんの中には大学の1,2年次の英語で、英語学習は終わりという意識が強いように見受けられますが、決して終わりではなく、入社後もいろいろな機会で英語力は必要です。大学1年次に取ったTOEICのスコアを伸ばしていけるように、継続して英語を勉強し、社会に出るときにつなげられるようになれば素晴らしいと思います。英語ができると世界が広がります。

 

4.就職後の英語力について

 就職試験については、学力のみではなく、面接で協調性や適性を重視し、総合的な判断をする企業が増えてきましたが、人柄、意欲、積極性、適性に加えて英語力があれば、それほど強いものはありません。必ずしも高レベルの英語を要求する企業ばかりではありませんが、英語の学力が不足していると思われる内定者には、会社での英語の教育が用意されている場合もあります。たとえば、内定式の時に英語の教材を渡され、入社までに自主的に勉強することが促されたり、入社してからも社内で英語力を補う機会を設けたりしています。企業側で英語の力を伸ばす体制が整っているわけですが、商社や広告代理店の内定者の中にはTOEICが700点や800点というレベルではなく、日本語より英語のほうが得意とする人もいますので、そのような人たちと中で肩を並べていくには、やはり語学力は大切です。

 

5.グローバル化に対応するには

 様々なところでグローバル化が進んでいますが、実際に学生のみなさんは(気持ちの面で)グローバル化していません。その反対に地元から通える企業、県内の企業への就職を希望し、外へ出ていくことや都会を好まない傾向にあります。また一部上場の大手企業でも、海外研修や海外派遣への希望者が減っていると聞きます。就職活動の時に、海外赴任の機会がない企業を希望していることを口にしたために、不採用となったケースもあります。企業もグローバル化を謳っているところがありますが、その理由には、このような現代の大学生の傾向を意識してあえて挙げていることもあるようです。企業側もできれば、前向きで積極性がある人を採用したいでしょう。過去に残念ながら留年してしまった人がいましたが、その人は留年している1年の間にTOEICを猛勉強し、高得点を獲得して一流企業に就職しました。このように逆境に遭っても、それを生かせる人もいます。つまずいたことよりも、その状況でいかに前向きに頑張れるかが大事なのです。

 

6.今のうちにやっておいたほうがいいこと

 このように、英語は決して大学の1,2年次で終わりではなく、何かしらの形で将来必要になってきます。就職してからも企業側が英語力を補強する体制を整えていることもありますが、学生時代のうちに英語力がついているに越したことはありません。学生時代が一番勉強できる時間があります。就職してから仕事をしながら英語を勉強するのは大変な苦労です。今のうちに勉強しておくことが大切です。企業が求める人柄と英語力があればそれほど強いものはありません。

 また、海外に行くチャンスがあればそれをぜひ生かしてほしいと思います。いろいろなことにチャレンジすることや、外へ出ていこうという意欲、元気は大切です。企業は成績が優秀なだけでは採用してくれません。挫折しても乗り越える方法を身に着けて、前向きに頑張って生きていける人が強いのだと思います。

 

Share
PAGETOP
Copyright © 静岡大学大学教育センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.