反転授業の実施

動画を使った反転授業について

 静岡大学では、動画を使った反転授業を実施できるシステムが構築されています。このページでは、動画を使った反転授業を実施するための方法等について説明します。

 

1.反転授業についての概要

○ 反転授業とは?

  • 知識・スキルの定着率を高めるために、講義は授業外、演習・グループワークを授業で実施する授業スタイルです。
  • 学内配布されるOffice365のアカウントを利用すると、動画を使った反転授業を簡単に実施できるようになります。

○ 動画を反転授業でどのように利用するの?

  • 授業に必要や知識・スキルが解説された動画を、学生は授業外時間に視聴し、授業に参加します。

○ 実際の授業はどのように構成するの?

  • 授業を課題や議論を行う演習型に切り替えます。動画を視聴してこないと授業に参加した意味が無いような内容の演習を行います。

○ 動画を視聴してこなかった学生はどうするの?

  • 演習課題の成績評価を悪く評価します。敢えて視聴しないと不利益が生じる環境を作らないと、反転授業は成立しません。

○ 動画はどうやって作成するの?

  • ビデオカメラを使い解説動画を作る方法もありますが、PowerPoint等のプレゼンテーションファイルのスライドをめくりながら、解説の音声を記録することで、比較的簡単にコンテンツを作成することができます。

 

2.動画の作成と公開について

ここでは、PowerPointのスライドに、解説音声を加えた動画を公開する手順を説明します。

(1) PCとスライドファイルの準備

  • PowerPoint 2013 がインストールされたPCで、説明用のファイルを開きます。

(2) 録画の開始

  • 「挿入」タブの右端にある「画面録画」ボタンを押し、録画を開始します。スライドショーを進めながら、解説の音声を録音してください。

(3) 動画ファイルの生成

  • 録画が終わったら、スライド上に挿入された動画上で右クリックし、「メディアに名前を付けて保存」を選択します。

(4) 動画ファイルのアップロード

  • Office365(https://www.office.com/)に静岡大学のアカウントでログインして、アプリの一覧から「Stream」を選択します。
  • 「作成」→「動画のアップロード」で動画ファイルを指定し、「今すぐ発行する」を選択します。
  • 動画編集画面の「共有」ボタン押すと表示される、ビデオへのリンクをコピーします。

(5) 大学教育テレビジョンでの番組作成

  • 大学教育テレビジョンCMS(http://setv.shizuoka.ac.jp/cms/login.php)にログインします。
  • 科目登録と番組登録を行い、番組登録画面においてビデオへのリンクを貼り付けて動画を埋め込みます。

(6) 学生への公開

  • 大学教育テレビジョンで作成した科目のURLを、受講学生に周知します。

 

3.FAQ

Q. 動画作成上の注意点は?

  • 学生の顔等が映った動画は、個別に了承を得ない限りアップしないでください。
  • 著作権法第35条で認められる教育機関での著作物の複製等の例外については、反転授業の教材で使用する場合には適用されません。著作物の使用には十分注意してください。

Q. 動画を学外の人に見せたくない場合は?

  • 大学教育テレビジョン上に作成した番組はURLを知っていれば誰でも閲覧できますが、静岡大学のアカウントでOffice365にアップした埋込動画は、静岡大学の学生・教職員しか閲覧できず、再生時にOffice365のパスワード認証が求められます。
  • 逆に、学外の人も受講できる番組を作成したい場合は、Office365でなくYoutubeを使って動画URLの埋め込みを行ってください。

Q. Office365や大学教育テレビジョンにログインできない場合は?

  • 情報基盤センターにおいて、パスワード再発行の手続き等を行ってください。

 

Share
PAGETOP
Copyright © 静岡大学大学教育センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.