2016年度 地域連携プロジェクト型セミナーの成果報告

 

概要
 I Love しずおか協議会と静岡大学との連携によって開講した「地域連携プロジェクト型セミナー」は、協議会会員である株式会社静岡博報堂とのタイアップ授業を新たに追加し、「プロモーション企画型プロジェクト」と「アカデミックワーク型プロジェクト」の2つのグループで今年度は開講いたしました。
プロモーション企画型プロジェクトは「台湾人観光客の静岡観光振興」「しずまえ鮮魚の拡販」という2つのテーマが与えられ、静岡博報堂の社員(静大OBOGを含む)の指導のもと、プロモーション企画を提案しました。アカデミックワーク型プロジェクトでは、「高齢社会における地域活性化」をテーマにセンター教員の須藤が担当し、静岡のおまちをフィールドにシニアへの調査・分析から地域活性化案を提案しました。

成果報告会の様子

2月22日(水)に静岡商工会議所会議室にて、I Love しずおか協議会、静岡博報堂、商店街、大学関係者、一般参加など、42名の前で、半年間の授業の成果報告会を実施いたしました。発表後の質疑応答では、会場から活発に質問・意見をいただき、学生たちは一つひとつ丁寧に受け答えをしていました。

プロジェクト一覧

■プロモーション企画型プロジェクト
テーマ「台湾人観光客の静岡観光振興」
・来日する台湾人観光客に静岡県内を回遊してもらうプロモーション企画の提案
・みにしずmini静

テーマ「しずまえ鮮魚の拡販」
・お魚大好き♡しずまえ女子~「しずまえ」の知名度向上とブランド化のための施策
・しずまえのブランド化

■アカデミックワーク型プロジェクト
テーマ「高齢社会における地域活性化」
・シニアの静岡市街地に対するイメージから考える地域活性化の提案

また、当日の発表の様子は、2月23日の静岡新聞にて紹介されました。

http://www.at-s.com/news/article/local/central/331876.html

Share