最新情報

授業パッケージを核とする就業力育成

個々の学生が卒業後の自らの職業生活を具体的にイメージし、そのために必要な資質能力を大学教育の中で身につけることを可能とすることを目指して、授業パッケージを提供し、それを核として就業力を育成する仕組みを構築します。

授業パッケージとは

職業生活に必要となる汎用的資質能力、専門的資質能力、実務的資質能力を身につけるために、具体的な職業ごとに厳選して授業科目をパッケージング。授業パッケージ中心に学習をすすめることで、自分が目標とする人物像・社会が求める人材にどこまで近づけたかを実感しやすくなります。

詳細へ
詳細へ
授業パッケージ

特定の職業とそこで求められる人材像を具体的にイメージした場合に必要となる資質能力を育成する授業科目の組み合わせを全学部で提供します。

履修カルテ

パッケージ構成科目およびパッケージ全体の達成度を、学生の自己評価と教員からの客観的評価を通じて確認できる「履修振り返り」ツールを提供します。

全学での実施(キャリア教育推進会議)

教育体制と学生支援体制の緊密な連携によって、より深く持続的なキャリアサポートを実施します。

高大連携・産学連携

企業活動と高校生の学びを結びつけるキャリア教育コーディネートプログラムや高校生と大学生が直接話し合う「しゃべり場」プロジェクトを実施します。