静岡大学 大学教育センター > 最新ニュース > 2015年度人文社会科学部インターンシップ事後研修会を開催しました

2015年度人文社会科学部インターンシップ事後研修会を開催しました

人文社会科学部ではインターンシップでの経験を学びにつなげ、今後の進路選択や学修、学生生活に活かすことを目的としたインターンシップに取り組んでいます。事前の説明会、ガイダンス、学生と企業マッチング会を行うことで、学生たちは目的や目標をもってインターンシップに取り組むことができます。

今回の事後研修では、自分自身の体験を振り返るとともに、他の学生の体験について共有することで、インターンシップで体験したことの気づきをより深め、今後の自分の行動目標を具体化できるように、キャリアカウンセラーを講師としたグループディスカッションを行い98名の学生が参加しました。テーマは「社会で求められる人材とは」、「仕事を進める上で大切なこと」、「学生と社会人の違い」の3つのうち1つを選択とし、その内容をもとに自分たちの今後の具体的な行動目標とした「私たちのアクション宣言」をまとめ、グループごとに発表を行いました。受入先、学科、学年、性別が異なるメンバーでのグループ編成であったため、当初は緊張し、ぎこちない様子でしたが、時間が進むにつれて、打ち解けていき、議論も活発なものとなりました。グループ発表では、インターンシップでの経験をふまえて自分たちが取るべき行動を発表することができました。

(グループディスカッションの様子)

s_IMG_0287

 

 

コメントは受け付けていません。