インターンシップの学生を募集したい

本サイトでは,Webサイト上で企業・団体様のインターンシップ募集要項の登録が可能です.是非,ご登録ください。

登録はこちらをご覧ください。

※サイトを利用したことによる直接的,付随的,結果的,間接的,あるいは,損害,経費,損失,または債務についていかなる責任も負いかねます。また,本サイトはインターンシッププログラムの質の向上を目指しています。プログラムの内容によっては求人の掲載をお断りする可能性があります。ご了承ください。

インターンシップのプログラムを相談したい

企業・団体様向けに高等教育機関学生向けのインターンシップのプログラム作成のお手伝いをしております(静岡大学担当者).是非,一度ご連絡ください。

お問い合わせメールフォームはこちら

※基本的にご相談は無料です.大きな規模のプログラム開発については別途ご相談ください。

インターンシップってなに?

海外で生まれ、日本では2000年ごろから普及が進んできたインターンシップ。その名前を聞いたことがあるだけでなく、実際に受け入れたことがある、もしくは参加したことがあるという方も多くいらっしゃるかもしれません。
 しかし、ひとことでインターンシップといっても、様々なタイプのインターンシップがあることはご存知でしょうか。日本では大手企業の就職活動と関連付けられることが多いですが、もともと海外では企業の通常業務や新規事業を推進するためのエンジンとして、大企業だけでなく中小企業にも広く普及しています。

インターンシップの類型

インターンシップって大変そう?

静岡県内の企業によるアンケート調査では,職場体験やインターンシップを実施したことがある割合は約27%でした(公益財団法人就職支援財団・静岡経済研究所 共同調査「静岡県における新卒者採用に関する実態調査」2012年)。また,実施したことのない企業からは「受け入れ中の指導役の負担が大きそう」「受け入れ日程やプログラムの負担が大きそう」「実施するメリットが感じられない」という意見が多くありました。

その一方で,実施した企業の中には「後輩のいない社員の成長につながった」「採用活動で学生の応募が増えた」「職場の雰囲気が良くなった」「商品開発のヒントを得た」などの声もよく聞かれます。
 以下の導入例も参考にしながら,インターンシップを貴社の企業活動に生かしてみませんか?

メリット