最新情報

ホーム > 最新情報 > ワークラリーしずおかインターンシップの様子をお伝えします(株式会社朋電舎)

ワークラリーしずおかインターンシップの様子をお伝えします(株式会社朋電舎)

2月から3月にかけてワークラリーしずおかインターンシップの実習が行われました。各企業の実習に対応いただいたご担当者様、ありがとうございました。初めてインターンシップを経験した学生も多く、新たな気づきを得た学生も多数見受けられました。インターンシップ推進委員会事務局にて実習先の様子を取材いたしましたので、ご紹介いたします。

実習先:株式会社朋電舎

当日のスケジュールと内容

オリエンテーション(13:00~13:30)

 総務課専門課長 加藤様より当日のスケジュールや内容、企業概要など観察前に必要な予備知識についてご説明いただきました。

目標確認(13:30~13:45)

 参加学生が事前に設定した目標や学生が事前に調べてきた企業の情報について企業担当者様と共有し、改めて目標を明確にしました。また企業担当者様から学生の目標に対しての観察ポイントについてのアドバイスもいただきました。

業務観察(13:45~16:15)※休憩時間含む

業務説明

 技術部 原木様より設計~出荷までの業務について実例を交えながら紹介いただきました。

工場内見学

 工場内を見学し、制御盤の構造や設置、実際の業務上の工夫などについて実物を見ながら教えていただきました。実際の作業の様子も観察することで製造現場の実際について見ることもできました。DSC_0639DSC_0635

 
 
 
 
 
技術部見学

実際に使用しているデモ機を用いて説明していただきました。

設計現場見学

 DSC_0655設計部署を見学し、ハード設計、ソフト設計、社内テストの仕事について観察しました。また、営業から仕様の検討、設計、製造までの過程についての説明を聞くことで担当部署同士の連携についても学びました。ハード図の作図や動作テストなど設計体験も行い、限られた時間ですが体験することができました。それぞれの観察部署の社員の方々や技術部長の山口様から、これまでの経験談や、”やりがい”、”苦労”などについてリアルなお話を聞くことができました。
 
 
 

振返り(16:15~17:00)

参加学生がそれぞれ設定した目標に対して、どの程度仕事観察できたかについて振返りを行いました。参加学生は「仕事がとにかく大変だと思ったが、達成できたら”やりがい”のある仕事だと思った」や、「制御盤の配線の検査などは大変そうだった。制御の仕事はやりがいのある仕事で、これから授業を受ける際は科目間のつながりも意識して勉強を頑張りたい」、「実際に働く社会人を観察して、仕事に対して”やりがい”を持ってすごいと思った」などの感想を持っていました。対応いただいた担当者様からも、学生からの質問も沢山でて、とても活発だったとのお話をいただきました。

休憩や振り返りではお菓子やお茶を囲み、なごやかな雰囲気でお互いにリラックスしながらディスカッションしている様子が印象的でした。

DSC_0664DSC_0666
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップに戻る